HOME > 過去のマネー情報館2008

マネー情報館                                             

日本政策金融公庫

  2008年12月31日

日本政策金融公庫は、平成20年10月1日に発足した、国民生活金融公庫、農林漁業金融公庫、中小企業金融公庫、国際協力銀行の4つの政策系金融機関が統合

した金融機関のことです。 また、平成24年以降に沖縄振興開発金融公庫も統合予定です。

透明性の高い効率的な経営を行なうために、株式会社形態で運営されます。しかし、その株式は、政府が全額出資しており、政策上必要な業務を的確に実施する

観点から、予算の国会議決など、国の監督規定が定められています。

 

 

統合前のそれぞれの機関を説明すると、国民生活金融公庫は、一般の金融機関から資金の融通を受けることが困難な小規模企業を対象とした融資や個人の教育ロ

ーン等を提供する金融機関です。農林漁業金融公庫は農林漁業者への融資を目的に、中小企業金融公庫は中小企業への融資のために設立された政府系金融機関で

す。国際協力銀行は、輸出入や海外での経済活動の促進、開発途上にある海外の地域の経済などの安定支援を目的とした政府系金融機関です。

 

 

ただし、この4つの金融機関がそのまま統合したわけではなく、統合を機にその業務内容をスリム化しています。具体的には(1)中小零細企業・個人の資金調達

支援、(2)国策上重要な海外資源確保、(3)円借款の3つに限定し、それ以外については政府は撤退するというものです。理由は、民業圧迫の批判があったため

と言われています。

 業務のなかでも、われわれの生活と密接に関連するものでいえば、中小企業の事業融資や教育ローンは金利も低く検討の余地があるところでしょう。

 

 

 

 

後期高齢者医療制度の課題

  2008年11月26日

  後期高齢者医療制度は、患者の一部負担部分を除く医療費の総額をベースにして、その10%は保険料を財源にする仕組みとなっています。残りの財源は

「公費」と現役世代からの「支援金」によります。つまり、

 高齢者の保険料・・・10%

 後期高齢者支援金(若年者の保険料)・・・40%

 公費(国・都道府県・市町村)・・・50%

となっているのです。

 ただし、この保険料は2年ごとに見直しが義務づけられていますので、後期高齢者の人数が増加し、医療給付費が増えると現在の10%からその比率が引き上げ

られていくことになります。

 また、公費負担割合は50%となっていますが、「現役並み所得者」に区分された高齢者は公費負担の対象から除かれるため、実際にはこの水準を下回りま

す。実質的には、現在の公費負担割合は46%にすぎず、その分若年者の負担割合が46%になっています。今後、「現役並み所得者」の数が増加すれば、公費負

担割合が減り、逆に若年者の負担が増えていくことになるおそれがあります。

 

 

 

 

ノンリコースローン

  2008年10月15日

 ①リコースローン

 住宅等不動産を手に入れる場合に、通常ローンを組みますが、そのローンは、リコースローンである場合がほとんどです。リコースローンとは直訳すると「遡

及型融資」です。

金融機関から融資を受ける場合、債権者である金融機関は、万一、借入金が返済されなかった場合に備え、連帯保証人や保証会社などの人的担保や不動産などの

物的担保を求めます。借入金の返済が約束どおりなされなかった場合は連帯保証人や保証会社に返済を求めたり、担保として提供された不動産を強制的に売却

(競売)して債権(融資金)の回収をします。

よって借入金が返済されない場合は、不動産を売却しますが、不動産の値下がり等で残った債務は当然に返済義務を負うことになり、他の資産を売却し返済しな

ければなりません。

 

 

②ノンリコースローン

 一方、ノンリコースローンは直訳すると「非遡及型融資」とされ、「人」や「会社」の信用に融資するのではなく、不動産そのものに融資します。したがって

あくまで、担保とする不動産の収益性に着目し、万一、返済不能に陥ったとしても、その不動産を売却する以外は返済義務は生じず、他の資産に責任は一切及び

ません。

 

 

このように借主のリスクがその不動産のみに限定されていることから、今後、ノンリコースローンが一般にも普及していくと思われます。しかし、通常の融資と

は異なり貸し手である金融機関が資金回収のリスクを負うことから、厳密で精度の高い評価が必要になり、金利などの条件は若干高くなることが多いようです。

 

 

 

個人向け国債

  2008年09月08日

 平成20年9月4日に「変動10年」と「固定5年」の個人向け国債の募集が始まりました。募集期間は9月4日から9月30日までです。

 

 

個人向け国債とは文字通り、個人専用の国債です。金利が変動するタイプで10年満期の「変動10年」と、金利が固定タイプで5年満期の「固定5年」の2種類が

あります。

 

 

財務省・個人向け国債のホームページでこれまでの発行条件を見ると、「固定5年」の方が「変動10年」よりも金利が高く設定されています。これは、今後10年

間であれば、金利が上昇すると国が予想しているからです。

 

 

 中途換金は可能ですが、「変動10年」では直近2回分の税引前利子相当額、「固定5年」では直近4回分の税引前利子相当額の手数料がかかります。よって手数

料の負担を考えると、満期まで解約しないことが前提になると思います。

ちなみに、中途換金シミュレーションが財務省のホームページに乗ってます。

 

 

 今回の個人向け国債は「変動10年」が年率0.69%(税引き後0.552%)、「固定5年」が年率0.99%(税引き後0.792%)となっており、前回より若干金利が低く

見劣りしますが、普通の銀行の定期預金に預けるよりはよいでしょう。

 

 

財務省・個人向け国債

http://www.mof.go.jp/jouhou/kokusai/kojinmuke/index.html

 

 

 

 

富国生命の住宅ローン

  2008年08月11日

  住宅ローンといえば、銀行というのが一般的なイメージですが、最近では他業種の参入も珍しくはなくなってきました。今回は生命保険会社の富国生命の住

宅ローンを一般的な銀行ローンと比較しながらご紹介したいと思います。

 

 

 まずは、金利ですが、そのタイプも全期間固定金利、一定期間固定金利、上限金利付一定期間固定金利、変動金利という商品がラインナップされています。こ

の品揃えであれば、銀行ローンに引けはとらないでしょう。

 優遇金利の制度もあり、一定期間固定金利0.3%、全期間固定金利0.4%の優遇となっています。保障料も含めて考えると、なかなかいい勝負だと思います。

ただし、一定期間固定金利の場合、期間終了後の優遇は用意されていないようです。

 また、子育て支援金利優遇キャンペーンがあり、融資実行時18歳未満の子どもが1人いる場合は、キャンペーン金利から更に0.204%、2人以上の場合は、

0.3%優遇されます。これは結構大きいと思います。ただし、全期間固定の30年、35年には使えないので注意が必要です。

 

 

その他、融資対象の条件が、若干厳しいようです。完成年齢75歳、年収400万円以上(自営業の場合600万円)、融資額は9割、原則として首都圏周辺(東京

都・神奈川県・埼玉県・千葉県)における利用など。

 一部繰上返済費用の10,500円は普通です。最近は無料の所も増えてきているので、若干見劣りする可能性はあります。

 

 

 女性向け住宅ローンが用意されています。こちらは、金利がかなり低く設定されており、また、繰上返済手数料が原則として無料、その他の事務手数料も安く

設定されており商品性としては結構優れていると思います。

 

※以上は、8月11日時点の富国生命さんの公の資料を基にした筆者の個人的意見です。

 

 

 

マンション管理

  2008年07月12日

 マンションの建物は、専有部分と共用部分に分かれます。専有部分とは何号室と言う部屋の部分で、言葉のとおり自分だけが使える部分で、共用部分とは廊下

やエントランス、外壁など専有部分以外の部分です。

 

 

このうちマンション管理の対象は共用部分になります。

共用部分というのはその名のとおり、マンションを買った人(区分所有者)すべてが共用する部分です。よって、共用部分はすべて「みんなのもの」になりま

す。そして、共用部分を管理するのも「所有者全員」です。

 

 

所有者は管理費と修繕積立金を毎月支払うことになりますが、これらのお金は管理会社に支払うのではなく、自分たち自身の組織である管理組合に集めることに

なります。その後、報酬として管理会社へ支払われますが、それ以外に管理組合の運営に必要な費用なども管理費でまかなわれます。

 管理方法の例としては、エレベーターの保守、破損した窓ガラスの修繕などの保存行為、損害保険契約や夜間等の設置などの管理行為、などが有ります。

 修繕積立金は文字どおり管理組合のお金として積み立てておき、将来の修繕工事に必要な費用にあてるお金です

 

 

 

新築祝いの相場

  2008年06月04日

 新築祝いは、新しい家を建てたことに対する祝福と、そこで暮らす新しい生活を応援する気持ちとが込められたお祝いです。

一般的には、新居へ招かれたときにお祝いを持参します。

新築祝いの相場は、贈る相手との関係によって変わってきますので、以下の相場額は参考にしてください。

 

 

相手が会社の同僚の場合:5,000円程度

相手が友人・知人の場合:5,000~10,000円

相手が身内・親戚の場合:10,000~30,000円

 

 

 通常は、何か品物のようなものをプレゼントしますが、ごく親しい間柄なら現金や商品券で送ったり、欲しいものを尋ねてから贈るのでもいいでしょう。友人

同士でお金を出し合って、高価なものを贈る方法もあります。

 ただし、インテリア関係のものは事前に本人に好みを聞くのが無難です。気をつけたいのは、新築祝いのときには「火事を連想させるものは贈らない」という

ことです。たとえば、「ストーブ」や「灰皿」「ライター」「炎の模様が入ったもの」「赤いもの」などは縁起が悪いとされています。

 

 

 お祝いをもらった人は、新築披露にご招待することがお返しとなるので、あらためてお返しをする必要はありません。新築披露に来なかった方には、内祝いを

贈ります。金額は、いただいたものの3分の1~半分程度が目安です。

 

 

 

葬儀のお金

  2008年05月06日

 大きなイベントとして、前回結婚をあげましたが、今度は誰もが経験する葬儀にかかるお金について触れたいと思います。

 日本消費者協会が平成15年に調査した葬儀費用の合計は、全国平均額で236万6千円でした。しかし、これは物価や慣習などの違いにより地域によって大きく

異なります。ちなみに九州では、216万8千円となっています。

次に内訳ですが、

①葬儀一式費用・・・祭壇・棺・人件費などの「葬儀そのもの」にかかる費用。

約150万円前後(九州の場合も150万円前後)。ただし、葬儀社の価格設定や、祭壇飾りの内容などで大きく上下します。

②寺院費用・・・いわゆるお布施と呼ばれる費用。

約48万円前後(九州の場合45万円前後)。ただし、地域や宗派、寺院の格式、日ごろの寺院との付き合い方で変わってきます。

③飲食接待費用・・・お通夜や式参列者、精進落しの飲食代。

 約38万円前後(九州の場合26万円前後)。こちらも慣習によって異なります。

とこのような感じになります。

 

 

 さて、この中で葬儀費用に最も影響を与えている要因は、参列者の数です。数が多ければ、大きな式場、祭壇を用意することになりますし、用意する飲食、御

礼品も多くなるからです。最も安上がりなのは、公営式場で、地域の住民ならば5万円から10万円で使えます。しかし、公営式場の数は少なく、利用できない場

合が良くあります。その場合、民営式場を利用することになりますが、その費用は20万から40万円とぐっと高くなります。

 最後に、支払いについてですが、一般的に式終了後1週間以内に現金で支払います。ちなみに、本人が死亡した情報を金融機関が手に入れると、本人の預貯金

口座が凍結され、遺産分割協議書がそろうまで、引き出せなくなりますので注意が必要です。また、生命保険の死亡保険金も1週間では間に合わないこともあり

ますので、その場合は、業者に相談する必要があります。

 

 

 

結婚のお金

  2008年04月17日

 結婚費用は、人生のイベントの中でもとりわけ楽しいイベントの一つかと思います。でも、なかなかお金が掛かるということも知っておく必要があります。

 結婚でお金が掛かる場合を、①結納・婚約、②挙式・披露宴、③新婚旅行と分けて考えて見ましょう。

①結納・婚約

 最近は、省略したり、略式で行ったりする方も多いですが、費用平均は、「仲人へのお礼」17.8万円、「結納の会場費」14.0万円、「両家の顔合わせ・会場

費」5.6万円、「婚約記念品」35.5万円。このすべてを行った場合には合計72.9万円となります。ただし、この費用はかなり上下の差があります。

両家の顔合わせは個室のある料亭やレストランが人気で、料金は両家で折半する場合もあります。婚約記念品は、男性から女性へは指輪、女性から男性へは腕時

計やスーツなどが多いようです。

 

 

②挙式・披露宴

 こちらもさまざまなやり方があると思います。極端に言えば、やらないという人もいます。平均費用は、303.1万円で、式場やホテルで行う人が多いようです

が、ゲストハウス・レストランなどその種類はさまざまです。また、結婚指輪は2人分で平均17.5万円となっています。

 

 

③新婚旅行

 平均旅行日数は1週間、ヨーロッパ、ハワイ、南太平洋・インド洋、オーストラリアなどが人気です。新婚旅行の費用平均は2人分で51.5万円。8割のカップ

ルが新婚旅行に行っており、お土産代の平均は14.8万円です。

 

 

以上を全部行うと、総費用約442万円となりますが、平均総額は、約397万円ですので、皆さんどこかに重点を置いて、いくつかを省略したりしていることが分

かります。

 なかなか大変な出費ですが、一方で入ってくるお金「ご祝儀等」があります。この平均が約271万円ですので、これを差し引くと、約126万円が自己資金として

必要であることがわかります。

 

 

参考:「ゼクシィ」2005年度・2006年度データ

 

 

シャープレシオ

  2008年02月10日

  投資信託(ファンド)を決めるときに、皆さんはなにを基準に選ばれるでしょうか?もちろん、さまざまな基準があるでしょうが、まずはリターンが大きいか

否かは大きな基準ですよね。リターンが大きいとは、ファンドで言えば、基準価格が上昇しているということが大きな要素です。したがって、購入しようと希望

するファンドの過去の基準価格上昇率は気になる所です。たとえば、過去1年間で10%値上がりしたファンドAと、15%値上がりしたファンドBとはどちらが

リターンが大きいかというと、当然Bです。では、Bのファンドの方が優れているといえるでしょうか。

そこで、もう一つの指標を考えましょう。ファンドは、投資型商品ですから、当然値上がりすることもあれば、値下がりすることもあります。つまり、上下のぶ

れがあります。これをリスクといいます。ファンドを購入する際には、このリスクも考慮に入れなければなりません。通常はリターンが大きければ、リスクも高

いと言われますが、現実の商品はリスクとリターンは完全には比例していません。その見分け方の一つとして今回はシャープレシオを取り上げたいと思います。

シャープレシオとは簡単に説明すると、リターンをリスクで割ったものです。

       シャープレシオ=リターン/リスク

 

(例)

ファンド(投資信託)A 

リスク5  リターン10 →シャープレシオ2

ファンド(投資信託)B 

リスク10  リターン15 →シャープレシオ1.5

 

 

 この2つを比べてみると、確かにリターンはBの方が大きいのですが、リスクも大きいのです。逆にAは、リターンはBより少ないですが、リスクも低く値動

きが安定していると言えます。したがって、シャープレシオで見るとAの方が有利になっています。

 最後に、投資に絶対的な指標はありません。したがって、このシャープレシオも指標の一つとして考えてください。

 

 

児童扶養手当

  2008年01月17日

  児童扶養手当とは離婚・死亡・遺棄などの理由で父親と生計を同じくしていない母子世帯等の生活の安定と自立を促進するために設けられた手当です。

 支給額は、児童一人を扶養している場合月額41,720万円~9,850円(所得に応じて)です。二人目は、プラス5000円、三人目以降は、プラス3000円となり

ます。

この児童扶養手当の受給者数は増える傾向にあり、2007年2月末時点で約99万人となっています。実はこの児童扶養手当、2008年4月より受給5年を超えると引

き下げられることが決まっていて、3割近くの母子世帯で削減する予定でした。

しかし、その両輪として進められてきた就業支援事業の利用があまり広がっていないことから、削減の時期が延期されることになりそうです。

 延期については、仕方がないという気がします。しかし、母子家庭の母の自立化を進めていくことは重要ですので、厚労省と自治体のさらなる政策の進行をお

願いしたいと思います。